MENU

 僕はとりわけイケメンというわけでもありませんけれど、学生の頃はそれなりに恋人っていう関係を楽しむこともできていたし、エッチだけで楽しむことだってありました。
本当にフツメンの僕ではありますけれど、時間がたっぷりあることと、女の子たちがたくさんいる環境で生活をしていると言う事で、出会いって結構あったんですよね。
大学生という生活はとても奔放であり、自由がたくさんある時代です。
だから、皆んなと遊びにいったりすることで仲良くなっていき、そのままお付き合いなんてパターンも何回もありました。
だからフツメンだって、大学時代は出会い自体を楽しむことができていたんです。
ギスギスと拘束された高校時代なんかはそうでもありませんが、やはりキャンパスに通うようになってからは自分は大きく変化したって思います。
まさに青春を謳歌するなんて言葉がぴったりだったんじゃないのかって今にして思ったりもします。
何人かの女の子とお付き合いを楽しむこともできたし、彼女じゃない相手ともエッチな関係を作っちゃったし、素晴らしい人生になったなって感じがしていたんです。
自由時間がたくさんあるって言うのは大きなメリットだったじゃないかって思います。
開放的なキャンパス生活の中で、男女共にそれとなく出会いを求めていたりするものですから、僕にもたくさんのチャンスがあったって今では感じています。
社会人やって仕事をするようになってから、まさに地獄の日々と言っても構わないといった人生になりました。
ひたすら仕事をこなしていく人生なんて、何とも味気ないなって感じがします。
とにかく辛いのが出会いがない事、途端に異性と出会うチャンスというものがなくなってしまいました。
学生時代の彼女とは別れているから、フリーの状態を続けていて、心身共に不満が高まってしまってきていたのです。